ムダ毛の手入れをしていると、ふと次のような疑問を抱いた事はありませんか?

「どうしてムダ毛は生えてくるのか?」

ムダ毛が生えて来なければ、私たちは自己処理や脱毛に時間を割く必要なんて全くないわけです。

しかし現実はそうは行かず、ムダ毛は基本的に生え続ける運命です。

その決め手となるのがムダ毛のメカニズムである毛周期です。

毛周期とは誰もが持つムダ毛のサイクル!

毛周期は人間なら誰しもが抱くムダ毛のサイクルとなります。

そのためホルモン分泌の盛んになる思春期を目処に、男女問わずにムダ毛のサイクルが始まるわけですね。

この毛周期には成長期・退行期・休止期の3つが存在し、自己処理や脱毛をベストに行うには、これら3つの毛周期を押さえておく必要があります。

成長期はムダ毛の生える時期

成長期は名前の通り、ムダ毛の生える時期を言います。

皮膚の下でスタンバイしていたムダ毛が生えるため、この期間を中心に自己処理や脱毛を行うのがベストです。

ちなみに成長期におけるムダ毛の成長率は部位によって異なります。

特にワキパーツは成長率が早く、手足は比較的ゆっくりなスピードで生える事が知られています。

こうした違いが部位ごとにあるため、サロンでの脱毛は基本的に時間がかかるわけですね。

退行期は枯れ木のシーズン!

退行期を木々に例えるなら、葉っぱが枯れ落ちる秋から冬にかけてのシーズンと言えます。

ムダ毛の成長自体が止まるため、自然と放置しておくとムダ毛が抜け落ちるのが特徴です。

ただし成長期に光照射を行ったムダ毛は、より多く自然に抜け落ちる事が知られています。

そのため成長期にどれだけ脱毛を行ったのかが、退行期を活かす大きなカギとなるわけです。

休止期は準備期間と考えるべし!

休止期はムダ毛の再生活動を停止している状態です。

しかし同時に次なる成長期に向けての準備期間とも取れるため、初脱毛を楽しむ際には休止期の内に申込をしておくのが無難です。

とはいえ「自分のムダ毛がどの状態なのか?」を一人で予測するのは不可能です。

だからこそサロンが設ける無料カウンセリングを上手く活用し、自分の肌がどの状態なのかをチェックしてもらうと良いでしょう。

ムダ毛の手入れは継続的に!

このようにムダ毛は3つの毛周期をもとに再生を繰り返します。

ですがムダ毛の数が減ると毛周期自体が機能しなくなるため、なるべくは自己処理よりも脱毛がオススメです。

脱毛する事でムダ毛の数自体を減らせるため、ムダ毛0のキレイな肌を手に入れるなら、自己処理よりも脱毛サロンを利用してみましょう。

最新ランキングはコチラ

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 金沢市で全身脱毛しよう@安い!人気!オススメ!はこの4つ All Rights Reserved.