妊娠時の脱毛方法


main_top
今すぐチェック

妊娠時の脱毛方法の選び方

妊娠している時の脱毛の選び方

妊娠すると、ホルモンバランスが一気に変化するため、体毛の状態も変わってきます。

毛が濃くなる人もいれば、逆に薄く、ほとんど目立たなくなるという人もいます。

このような体毛の変化は一時的なものであり、出産後には元通りになる場合が大半です。

ですが、もし体毛が濃くなってしまった場合には、妊婦と言えども、処理しないわけにはいかないと感じてしまいますよね。

では、妊娠している時の脱毛方法の選び方で、気を付けるポイントはあるのでしょうか?

まず、脱毛サロンの利用に関してですが、これは選び方がどう、という以前に、どこのサロンを訪れたとしても断られてしまいます。

なぜなら、ホルモンバランスが整っていない妊娠中に施術を行っても、脱毛効果が得られない場合が多いからです。

それに、もし痛みを感じて力が入ってしまい、母体や赤ちゃんに何かトラブルが起こった場合にも、脱毛サロンでは対応しきれません。

こういった点から、妊娠中の施術はお断りされてしまいます。

妊娠前から脱毛サロンに通っていた場合でも、妊娠を機にいったん中断することになります。

そうなると、ムダ毛は自己処理していくことになるわけですが、この時、できるだけ「抜く」という処理はしないように気を付けましょう。

毛を毛根から抜くというのは、肌や毛穴を大きく傷つけてしまう行為です。

特に妊娠中のデリケートなお肌に行うと、それをきっかけにひどい炎症を起こしてしまうなど、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

そのため、妊娠中には脱毛ではなく、できるだけ剃毛という方法でムダ毛を処理すべきなのです。

剃る際には、カミソリを用いる方が多いですが、これも肌トラブルの元です。

カミソリは肌表面の角質層まで薄く削ぎ取り、傷つけてしまいます。

妊娠中の免疫力の弱ったお肌は、この傷でも炎症を起こしてしまう恐れがあります。

選び方としては、とにかく敏感肌でも使用しやすい安心・安全な方法を選ぶ、ということが重要です。

そういった点に着目して選べば、やはり電気シェーバーによる「毛をカットする」という処理法が最適だと考えられますね。

最新ランキングはコチラ

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 金沢市で全身脱毛しよう@安い!人気!オススメ!はこの4つ All Rights Reserved.