冬でもサウナ・こたつ・電気毛布はNG!


main_top
今すぐチェック

冬でもサウナ・こたつ・電気毛布で体を温めるのはNG!


脱毛サロンで施術を受けた後の肌は、みなさんが想像するよりもデリケートな状態にあります。

例えばお酒を飲んだ後、顔が赤くなったり体が熱くなったりすることがありますよね。

あれはアルコールの作用によって血液のめぐりが良くなっているから起こることなんですが、脱毛施術後はそれすら肌にとって刺激になってしまいます。

施術を受けた部分の肌が赤くなったり炎症を起こしたりするため、脱毛サロンに行く前日や当日はアルコールの摂取は禁止されているんです。

また、運動をすることで体温が上昇することはみなさんも感じたことがあると思います。

なので、脱毛サロン後に運動をするのも控えなくてはいけません。

ウォーキングやランニング、ジムに通うのはもちろん、ホットヨガやサウナなどとにかく肌を温める行為は危険なんです。

そして、冬になると欠かせないのが「こたつ」や「電気毛布」などなど。

こたつの中で寝ながらテレビを見る時間は至福に思えるかもしれませんが、脱毛施術後はこたつや電気毛布などにも注意しなくてはいけません。

理由はもちろん、肌を温めてしまうからです。

真冬の時期は特に寒いのでこれらのアイテムは欠かせない存在ですが、脱毛施術を受けたその日は当たり過ぎるのを控えるようにしましょう。

また、この2つだけではなくストーブやヒーターなどでもそうですが、体の一部分だけをずっと当てていると皮膚が赤くなってしまうことがありますよね。

あれは通常火だこと呼ばれるものですが、正式名称を「温熱性紅斑」と言います。

これは症状が軽いものから重度のものまで幅広いのですが、軽いものはすぐに消えてしまうので本人は気にならず何度も火だこを作ってしまうものです。

火だこを繰り返し作っていると、美肌の大敵である色素沈着を起こしてしまうこともあります。

それだけならともかく、皮膚がんにまでなってしまうこともあるんです。

なので、もし火だこが起こった場合や、施術後にこたつやストーブに当たってしまって肌トラブルを起こした場合は、すぐにクールダウンと保湿を行うようにしましょう。

最新ランキングはコチラ

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 金沢市で全身脱毛しよう@安い!人気!オススメ!はこの4つ All Rights Reserved.